文字サイズ

侍ジャパン 決勝打の山田「めちゃくちゃ緊張」も初球を強振 勝利呼び込む

8回、決勝の3点二塁打を放ち、ガッツポーズする山田=横浜スタジアム
韓国を破って決勝進出を決め、タッチを交わす山田(中央)ら日本ナイン=横浜スタジアム
 8回、勝ち越しの3点適時二塁打を放つ山田(撮影・高部洋祐)
3枚

 「東京五輪・野球・準決勝、日本5-2韓国」(4日、横浜スタジアム)

 日本が接戦を制し、決勝に駒を進めた。これで銀メダル以上が確定した。

 五輪の決勝進出は96年のアトランタ五輪以来、25年ぶり。韓国戦での勝利も五輪では1996年のアトランタ以来となった。五輪でのメダルは04年のアテネ五輪以来、17年ぶり。

 同点の八回、2死満塁。ここで、山田が左翼フェンス直撃の3点二塁打を放ち、これが決勝点となった。山田は「1球目から打つというのはネクストから決めていた。速い真っすぐを仕留めるぞという気持ちだった。差し込まれたかなと思ったが、芯で捉えることができた」と安どの表情を浮かべた。

 初の五輪で1番打者として活躍。山田は「めちゃくちゃ緊張していた。いい結果になって、ガッツポーズしました。ここに立てることは幸せで感謝の気持ちでいっぱいです」と、うなずいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス