文字サイズ

侍ジャパン 伊藤大海が勝利呼び込む好救援「腹くくっていくしかないという気持ち」

7回、韓国の打者を空振り三振に仕留め、雄たけびを上げる伊藤=横浜スタジアム
7、8回を無得点に抑え、甲斐とタッチを交わす伊藤=横浜スタジアム
 力投する伊藤(撮影・高部洋祐)
3枚

 「東京五輪・野球・準決勝、日本5-2韓国」(4日、横浜スタジアム)

 3番手で登板した伊藤大海が、侍ジャパン勝利に流れを呼び込む投球を見せた。

 2-2の同点の七回に3番手でマウンドに上がった伊藤。2イニングを1安打3奪三振無失点の好投を見せた。伊藤は「1球目から自分のボールを投げられたのが1番かなと思います」とはにかんだ。ルーキーながらも「腹くくっていくしかないっていう気持ちで、自分らしくいこうかなと思っています」と堂々としていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス