文字サイズ

侍ジャパン 試合後に無人客席&韓国ベンチに全員一礼 ネット沸く「感動」「気持ちいい」

 決勝進出を決めたナインを出迎える稲葉監督(中央)=撮影・高部洋祐
日本に敗れ、引き揚げる韓国ナイン=横浜スタジアム
 韓国を破って決勝進出を決め、タッチを交わす山田(中央)ら日本ナイン
3枚

 「東京五輪・野球・準決勝、日本5-2韓国」(4日、横浜スタジアム)

 日本が接戦を制し、決勝に駒を進めた。これで銀メダル以上が確定した。五輪の決勝進出は96年のアトランタ五輪以来、25年ぶり。韓国戦での勝利も五輪では1996年のアトランタ以来となった。同点の八回、2死満塁、山田が左翼フェンス直撃の3点二塁打を放ち、これが決勝点となった。

 試合後、稲葉篤紀監督を先頭にチームは三塁ベンチを出て、三塁線に整列。無観客のスタンドに向かって帽子をとって一礼し、一塁側の韓国ベンチにも一礼した。

 ネット上では勝利を喜ぶコメントとともに、「無観客のスタンドと、熱戦を繰り広げた韓国ベンチに礼をする日本代表」「韓国ベンチに礼してる侍ジャパンに感動!」「素晴らしいです」「観ていて気持ちいいですね」「礼が出来る侍ジャパンは偉い」「礼に始まり礼に終わる」「日本に生まれて良かったと感じる」と拍手を送るコメントも相次いでいる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス