文字サイズ

侍 稲葉監督の継投もはまる「七回は右からなら伊藤、左なら大野だった」

 「東京五輪・野球・準決勝、日本5-2韓国」(4日、横浜スタジアム)

 日本が接戦を制し、決勝に駒を進めた。これで銀メダル以上が確定した。

 五輪の決勝進出は96年のアトランタ五輪以来、25年ぶり。韓国戦での勝利も五輪では1996年のアトランタ以来となった。五輪でのメダルは04年のアテネ五輪以来、17年ぶり。

 投手陣の奮闘も光った。先発の山本が初回のピンチをしのぎ、六回途中まで2失点の好投。2番手でマウンドに上がった岩崎は同点適時打こそ浴びたが、リードは許さず、バトンをつないだ。

 同点の七回からは伊藤を投入。稲葉監督はこの継投の意図を問われ、「由伸(山本)をいけるところまでいって、(七回は)あそこで左から始まれば大野をつぎこんで、右からなら伊藤と考えていた。七回、八回、右から始まり伊藤からということで継投した」と説明した。

 打線が八回に山田の3点二塁打で勝ち越し。「選手がこの試合の重要性を分かっていて、粘り強く勝ってくれた。由伸もピンチを連続三振で切り抜け、優(岩崎)も難しいところで同点までで抑えてくれた。そのあと、伊藤投手が2イニングを抑えてくれた。みんなが後ろにつなぐピッチングをしてくれた」。指揮官はチーム一丸の勝利を喜んだ。

 決勝戦は8月7日、19時から横浜スタジアムで、米国と韓国の勝者と行われる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス