文字サイズ

ヤクルトが代打の宮本&川端から4連打で同点 終盤で広島・森下を攻める

8回、中前適時打を放つヤクルト・塩見泰隆(撮影・西岡正)
8回、左前に同点となる適時打を放つ青木(撮影・西岡正)
 8回、ヤクルト・青木に左前同点適時安打を打たれ悔しがる広島・森下(中央)=撮影・佐藤厚
3枚

 「ヤクルト-広島」(20日、神宮球場)

 ヤクルト打線が八回に広島の先発・森下を攻め、同点に追いついた。

 七回まで3安打、0点に封じ込まれてきた森下に対し、代打陣が突破口を開いた。2点を追う八回、1死から宮本が右前打、続く川端も右前打でつなぎ打順が1番にかえる。

 ここで塩見が中前へタイムリーを放ち1点差に迫ると、青木も左前へ同点タイムリーを放った。

 4連打で同点に追いついたが、山田、村上と倒れ、勝ち越しはならなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス