文字サイズ

西武 高橋が自己最多11勝 8回4失点

 「オリックス4-6西武」(20日、京セラドーム大阪)

 後半戦初の中5日で先発した西武・高橋は、早いカウントからストライクゾーンで勝負して8回4失点。打線の援護もあって自己最多の11勝目をつかみ、「野手に打って助けてもらった。どんどんストライク先行でいけたのがよかったと思う」と冷静に喜びを語った。

 打たせて取る投球が光った。六回1死二、三塁では紅林の遊ゴロの間の1失点にとどめ、続く杉本を二ゴロ。八回は2死から福田、宗、紅林に左前へ3連打を許して1点を失い、なお満塁のピンチを背負ったが、T-岡田をカットボールで一ゴロに仕留め「しっかりいいところに投げられた」とうなずいた。

 ただ、ソロ本塁打2本を含む7安打を許したこともあり「甘いところは打たれる」と反省した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス