文字サイズ

楽天・石井監督 苦境に「向かっていく気持ち」望む 初回投手交代は「待てなかった」

 6回を終え、投手交代を告げる石井監督
 1回、追加点を許した弓削。捕手太田
2枚

 「楽天0-5日本ハム」(18日、楽天生命パーク宮城)

 今季10度目のゼロ封負けを喫した楽天。石井一久監督は散発3安打に終わった攻撃陣について「全体的に当たりが少し出てない。結果はしょうがないので、向かっていく気持ちだったりを出していければいいんじゃないかなと思う」とハッパをかけた。

 打線は相手先発・加藤に完封を許した。好機は六回2死一、三塁のみ。ここも浅村が空振り三振に倒れ、無得点に終わった。

 先発の弓削は1回3安打2失点で1敗目を喫した。8連戦の真っただ中で、できるだけ長いイニングを消化してほしいところだったが、背信の投球となった。

 指揮官は「もうあれ以上失点はしたくないというところでの選択になった。本当なら三回くらいまでもってくれればというところだったが、初回にああいうことになったので、それ以上僕としては待てなかったかなというのはある」と二回からの継投を決断した理由を説明した。

 チームは19日・オリックス戦(京セラ)を引き分け以下でリーグ優勝が消滅する。一方で同戦に勝利して4位・ソフトバンクが敗戦することで、2年ぶりのCS進出が決定する。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス