文字サイズ

広島・ドラ2宇草、鈴木誠也になる!鯉の主砲が理想の自分「走攻守、ハイレベル」

 理想の自分へ近づくための歩みは、決して止めない。広島のドラフト2位・宇草孔基外野手(法大)が17日、23歳の誕生日を迎えて気持ちを新たにした。将来の自身をイメージし「誠也さんみたいになりたい」とチームの主砲、鈴木誠を理想に掲げた。

 熱のこもった決意表明からは、並々ならぬ意気込みがあふれていた。プロに入ってから初めての誕生日。なりたい自分を問われた宇草は「走・攻・守の全部がハイレベル」と球界を代表する鈴木誠のプレースタイルを口にし、その背中を追いかけていくことに闘志を燃やした。

 1軍と2軍で場所は違えども、技術面から考え方に至るまで、あらゆる角度から鈴木誠に質問して行動に移す日々を送っている。「打席での考え方、守備もそうですし、たくさん聞いているので、ありがたいですね」と感謝しながら“イズム”を吸収していく構えだ。

 この日は廿日市市の大野練習場での時差分離練習に参加し、打撃練習やノックなどで約2時間、汗を流した。練習時間の制約がある中、与えられた環境をフルに活用している。「たくさん成長したい。めちゃめちゃ成長したいなと思っています」と宇草。開幕日は依然として見えないが、飛躍の一年へ貪欲に走り続ける。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス