文字サイズ

広島に厳しいオフ?今村、一岡、中崎の“三銃士”へ「復活を願う」と北別府氏

 Aクラス入りが極めて難しい広島は勝負とは別に、来年以降を見据えた戦いやチーム編成も求められる。デイリースポーツウェブ評論家の北別府学氏は「やれる努力はすべてやっておくこと」と“ボーダーラインの選手”に対し厳しい注文をつけた。

 ◇ ◇

 去年は小窪が契約してもらえなかった。3連覇に貢献し、チームのまとめ役として頼りになる存在だったけど、それと契約とは別なんだよね。

 この世界はそれほど厳しいということ。明日は我が身だと思い、試合や練習に臨んでほしい。

 今年、活躍できなかった選手に来年、ユニホームを着られる保証などないということ。

 栗林をはじめ今年の新人のようにいきなり1軍で働くと、なかなか結果の出ない選手は焦るもの。のんきにしていられなくなる。

 とにかく、やれる努力はやっておく。結果が出ないのに同じことをやっていてはダメ。次はないと思って毎年、新しいことに挑戦していかないとね。

 外国人選手のクロンは調子が上がらず2軍に落ちたままで、メヒアも1軍に上がってこない今年こそ、野手にとって最高のチャンスだったと思う。

 言い換えれば、国産打線になったことで、逆に若手が起用されて成長した。破壊力という点では他球団に見劣るけど、私は選手を育てるなら、この自家製の打線が一番だと思っている。

 一方で、目の前にあるポジションをつかみ損ねたのが堂林。ほかの中堅選手も含め、若手の台頭で一気に競争が激しくなってきた。

 15日の中日戦では若い正随が逆転の3ランを含む4打点。1軍昇格から一気に3番に抜擢されて、素晴らしい活躍を見せた。

 ここからは、彼のように首脳陣の目に留まるプレーを見せないと“危うい”という自覚を持って、一投一打を大事にしてほしい。

 今はAクラスとBクラスがはっきりしていて、CS出場は厳しい状況にある。だが、必死になってアピールして頑張らないと、本当にユニホームを着れなくなってしまう。

 投手陣では3連覇に貢献した中崎や今村、一岡も今年は、ほとんど活躍の場がなかった。もう忘れ去られた存在…周囲が思うほど、本人たちは危機感を持っているかな?

 3連覇でかなり酷使された分、疲れが抜け切っていないのだろうし、もうひと花咲かせるだけの力量はある。

 ただ貢献度の高かった彼らでも明日は我が身。残り33試合しかないが、せめてその中で、何か目を見張るものを示さないといけない。

 それができなければ、若手が育ってきているこのチームに居場所はなくなる。彼らの復活を心から願う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス