文字サイズ

広島 大瀬良7回1失点も敗戦 終盤に失策と押し出しで失点 鈴木誠29号ソロも空砲

 8回、適時失策で勝ち越しを許した坂倉。左は塹江(撮影・立川洋一郎)
 8回、佐野の打球を坂倉がファンブルして適時失策となり、勝ち越しを許す(撮影・立川洋一郎)
 DeNA打線を相手に力投する大瀬良(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島2-4DeNA」(18日、マツダスタジアム)

 広島はDeNAに敗れ、5位浮上とはならなかった。

 0-1の四回に菊池涼の適時打で一時同点とするも八回に登板した2番手・塹江が捕まった。2安打を許し、1死一、三塁とすると佐野の一ゴロを坂倉がファンブル。失策で勝ち越しを許した。

 さらに、満塁から代わった菊池保が宮崎に押し出し四球を与え、さらに森の犠飛で2点を失った。八回に鈴木誠が29号ソロを放つも反撃は及ばなかった。

 先発の大瀬良は7回4安打1失点。これで7月6日のDeNA戦から8試合連続クオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を達成したが、打線の援護に恵まれず、7勝目はお預けとなった。

 DeNAは先発の京山が6回2/3を投げ、6安打1失点と好投。九回はこの日、ベンチ入りメンバーを外れた守護神・三嶋に代わって山崎康が登板。1回無失点に抑え、今季初セーブを挙げた。

 佐々岡監督の一問一答は以下の通り。

 -大瀬良は7回1失点だった。

 「初回だけ。1点は取られましたけど、あとは粘り強く。向こうの打線も、打線的には調子がいい打線だったし、7回1失点というのは本当に試合をつくってくれましたし、勝たせてあげたい、そういう内容でした」

 -八回に塹江が打たれた。

 「今うちの七、八回の形という中で、ケムナと塹江。しっかり入りの中でボール、ボールから入ると甘い真っすぐというのが、いつも言っているように、だと思います」

 -坂倉は4打数無安打だった。今後に起用については。

 「今まで通りここをね。坂倉も1年間という経験をしたことのない域に入っている。どう自分で修正して、成長していくかだと思う。それでも3割打ってるわけですから、こっちは期待して(5番に)置いている」

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス