文字サイズ

パラ自転車金の杉浦佳子 名前より年齢で有名?街で「えーっと、あの50歳の…」

 萩生田大臣(手前)から表彰状を受け取る杉浦佳子=東京・旧文部省庁舎(撮影・高石航平)
顕彰・表彰式で記念撮影を行う杉浦佳子(中列左から2人目)ら=東京・旧文部省庁舎(撮影・高石航平)
2枚

 東京パラリンピック自転車女子ロード2冠の杉浦佳子(50)=楽天ソシオビジネス=が21日、都内で行われた東京五輪パラリンピック大会の文部科学大臣顕彰・表彰式に出席した。「とても名誉ある賞をいただいた。自分ひとりではここまで来られなかったので、導いてくれた方々に感謝」と語った。

 杉浦は50歳ながらパラリンピックで2冠を達成し、自転車の日本勢最年長金メダリストに輝いた。大会後には各方面から祝福を受けたといい、「ちょっと会っただけの方や、初めて会う方も、メダルを見てとても喜んでいただける」と充実感をにじませた。

 街で声を掛けられる機会もあった。タフな競技にあって50歳での活躍にスポットが当たったが、名前よりも年齢で覚えられているケースがあったといい、「街で『あっ!』と言われて、『えーっと、あの50歳の…』って言われたのが一番印象的」と笑いながら告白。今後についても「一生現役ですかね」とエネルギッシュに語った。

 また、この日は五輪卓球金メダリストの水谷隼(木下グループ)と同席し、杉浦から声を掛けて歓談が実現。同郷の静岡県出身で、以前水谷が師事していたメンタルトレーナーに指導を受けているだけに「水谷選手は五輪から何度も見ていて、すごく尊敬していた方。ひとことお話ししたかったので話せて良かった。ちょうど共通点があったので、それを糸口にお話しした」と明かした。水谷も「同じ静岡県出身の仲間で、お世話になったメンタルトレーナーの方が同じ。(杉浦とは)初対面だったが、非常に親近感が湧いた」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス