文字サイズ

内村 五輪落下技抜き予選突破圏 重圧で帯状疱疹の佐藤Cが助言「僕のために一生懸命」

 男子予選の鉄棒の演技を終えた内村航平(代表撮影)
 男子予選の内村航平の鉄棒(代表撮影)
 鉄棒の演技を終え、橋本大輝(右)に迎えられる内村航平(代表撮影)
3枚

 「体操・世界選手権」(20日、北九州市立総合体育館)

 男子予選が行われ、東京五輪予選落ちからの復活を目指す内村航平(32)=ジョイカル=は種目別鉄棒に出場し、14・300点をマーク。全8班中3班終了時点で暫定3位につけた。予選上位8人が24日の決勝に進む。

 「良かったのは1個もない。離れ技も近かったし、アドラー系も倒立が外れた。どうなっても落ちない、やりきるというのが演技として出たかな」。H難度の大技ブレトシュナイダーは成功させたが、直後にややひじが曲がった。その後は離れ技をすべて成功。佐藤コーチの助言で、五輪で落下したひねり技は抜いた。「修正してきても、演技のトラウマは拭えない。『1回ちゃんと抜いて、予選通過することを大事にやった方がいい』と言われた。本当に優秀なコーチだなと思う」と、説明した。

 重圧の掛かる中での戦い。佐藤コーチは帯状疱疹を発症しているという。「それぐらいプレッシャーを感じながら、僕のために一生懸命やってくれている。大変な思いでついてくれている。演技で返していかないと」と、うなずいた。

 生まれ故郷の北九州での演技。演技を終えると、観客席にプレゼントを投げ込むパフォーマンスを披露した。決勝に進めば五輪金メダリストの橋本との争い。「結果はどうでもいいなと思う。自分ができることを精一杯やりきって、一緒に最後盛り上げられたら」と、見据えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス