文字サイズ

橋本大輝、戴冠ならずも「悔しさは1ミリ」世界V8の内村に「航平さんの凄さ感じた」

男子個人総合決勝、鉄棒の演技を終えてガッツポーズする中国の張博恒(手前)を見る橋本大輝(撮影・中村太一)
 男子個人総合の表彰式で、優勝した張博恒(右から2人目)に拍手を送る2位の橋本大輝=北九州市立総合体育館
 男子個人総合の表彰式で、優勝した張博恒(右)に拍手を送る2位の橋本大輝=北九州市立総合体育館
3枚

 「体操・世界選手権」(22日、北九州市立総合体育館)

 男子個人総合決勝が行われ、東京五輪王者の橋本大輝(20)=順大=は6種目合計87・964点で2位に終わり、五輪に続く金メダルはならなかった。張博恒(21)=中国=が87・981点で優勝。その差はわずか0・017点差だった。橋本は09年ロンドン大会での内村航平(20歳9カ月)を上回る20歳2カ月での日本史上最年少優勝は逃した。

 東京五輪に続く、世界大会V2を狙った橋本だったが、中国の同世代のライバル、張博恒にわずか0・017点差で敗れ、銀メダルに終わった。

 「悔しい気持ちは多少あるんですけど、悔しさは1ミリぐらい。本当に彼(張)がリアルチャンピオンだなと思う。つり輪からの4種目はベストの演技を出せた」。

 最初の種目の床運動では力強い演技でまとめきり、2位発進を決めた。ただ、続くあん馬では、直前で落下したライバルの張に続いて、橋本も落下した。苦手のつり輪で予選よりも0・633点大幅に上積みし、立て直すと、首位と0・35点差の暫定2位で五輪金メダルの鉄棒へ。0・467点差を逆転した五輪のような展開に見えたが、張が完ぺきな演技で14・800点をマーク。橋本も好演技で、15・133点をマークしたが、わずかに届かなかった。

 東京五輪の延期に伴い、異例の形での五輪、世界選手権の同年開催。決して橋本にプラスに働いたとはいいがたかった。五輪後は疲労に加え、表彰ラッシュやテレビ出演が続き、今大会に向けた調整は難航。大会前には「コンディションはしんどい」と、素直に認めた。ライバルの張は中国の国内競技会でハイスコアをマークしたが、国際大会での経験不足を理由に五輪は落選。世界選手権を照準に、万全の状態で挑んできた。逆風の中、「ここで勝ってこそ真の王者」と意地のパフォーマンスをみせたが、願いは叶わなかった。

 「五輪が終わってから、自分の調整力のなさに気付いた」。五輪、世界選手権を合わせ8連覇を成し遂げた内村航平の姿を思い、「航平さんの凄さを改めて感じた。自分はまだまだ」と、敗戦を受け入れた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス