文字サイズ

高梨沙羅 開幕2戦表彰台なしも修正に自信「感覚はいい状態」

 W杯遠征中のノルディックスキー・ジャンプ女子チームが30日、オンラインで会見を行った。

 ロシア・ニジニタギルでの開幕2連戦は、独特な形状のスタートゲートへの対応に苦戦し、6位、5位と表彰台を逃した18年平昌五輪銅メダリストの高梨沙羅(25)=クラレ=は「初戦、2戦目といいスタートは切れていないが、直しやすい部分でもある。細かいミスをすり合わせていかないと、結果として表れない」と、修正に意欲を見せた。

 次戦はノルウェー・リレハンメルでの2試合(12月4、5日)。チームは現地入りし、3日間の隔離期間に入っている。2カ月後に迫る北京五輪に向けて、早めに流れをつかみたいところ。「問題点は見えつつ、感覚はいい状態。自信に繋がる練習をして、試合に臨みたい」と、誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス