文字サイズ

渡部「依存症ではなかった」突然診断結果明かす 理由「これだけのことした」

 複数女性との不倫問題で6月から芸能活動を自粛している、アンジャッシュ・渡部建(48)が3日午後7時から、都内で会見を開いた。問題発覚後、妻の佐々木希(32)がSNSで、相方の児嶋一哉(48)がラジオ番組で騒動を謝罪していた。渡部本人が公式の場で問題について説明するのは今回が初めて。

 黒スーツにフェイスシールド姿で現れた渡部は、「不適切な場所での不貞行為。大変、申し訳ございませんでした」「最低な行為でした」と謝罪の言葉を述べ、深々と20秒以上、頭を下げ続けた。妻の佐々木の様子について、問題を伝えた当初は「ものすごく取り乱していました」と語った。

 女性との接し方について「やっぱり間違った生き方をしていた」と反省。騒動後、「別のことで診察を受けていた精神科医で」と切り出し、受診した結果、「依存症の診断ではありませんでした」と明らかにした。

 報道陣から驚きの声もあがったが、受診した理由を「これだけのことをしましたので」と答え、その精神科医ではこれまでも定期的に受診していたと説明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス