文字サイズ

宝塚月組トップ珠城りょう プレ退団公演「幽霊刑事」開幕 格好よすぎるスーツ姿

 宝塚歌劇団月組トップスター珠城りょうのプレ退団公演「幽霊刑事(デカ)~サヨナラする、その前に~」が7日、兵庫・宝塚バウホールで開幕した。本来、昨年9月に上演予定だったが、コロナ禍のため半年遅れの上演となった。

 今年8月に卒業する珠城のプレ退団公演は、有栖川有栖氏の同名ミステリー小説が原作。石田昌也氏の脚本・演出で、随所にサヨナラを意識する台詞や曲がちりばめられている。理由がわからないままに上司に射殺された刑事の神崎(珠城)と、霊媒体質の同期・早川(鳳月杏)とのやりとりは軽妙洒脱で、そしてホロリとさせられる。

 珠城は172センチという恵まれた体格で、スーツ姿には定評がある。真面目な性格が今回の役柄にもよくあった。芝居巧者の鳳月とも息ピッタリで、客席を笑いと涙にあふれさせる。ヒロインの須磨子役の天紫珠李も刑事役で、元男役らしい無駄のきびきびとした動きで役に息を吹き込んだ。

 公演は23日まで。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス