文字サイズ

月亭方正「笑ってはいけない」大ピンチ報道に「正直ホッとしている。寂しさも」

 日本テレビ系年末特番「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ」が今年は休止されることが20日に発表され、反響が広がっている。

 BPO(放送倫理・番組向上機構)の青少年委員会は、8月24日、「痛みを伴うことを笑いの対象にするバラエティー番組」について審議入りを決めた。出演者に痛みを伴う行為を仕掛け、それをみんなで笑うなど、「苦痛」を笑いのネタにする番組に対し、視聴者らから「不快だ」「いじめを助長する」などの意見が継続的に寄せられていることを問題視したという。

 この発表後、メディアやネット上では、笑ってしまった人が尻を叩かれる「笑ってはいけない」の存続危機を心配する声も上がっていた。

 同番組のレギュラーである月亭方正(旧芸名・山崎邦正)は、休止発表前日の19日にカンテレ(関西テレビ)で放送された「マルコポロリ!」に出演。BPOの審議入りで、“『笑ってはいけない』が大ピンチ”と報じられていることについてコメントを求められた。

 方正は「いや、でも…ホンマの正直な気持ち、うれしさもちょっとある。ホッとしてる。(一方で)寂しさも、ぶっちゃけある」と複雑な胸中を吐露。自身を“全国区”にしてくれた同番組について「僕のお笑いタレントの生命線」と話していた。

 「笑ってはいけない」は2006年から15年にわたり放送され、今年が15年の節目だった。今年は新たに「絶対笑って年越ししたい!笑う大晦日」(仮)が生放送される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス