文字サイズ

綾瀬はるか コロナ入院から回復後初の公の場、主演女優賞に笑顔 白ワンピで元気に

 女優・綾瀬はるか(36)が27日、都内で行われた「東京ドラマアウォード 2021」の授賞式に出席した。8月下旬に新型コロナウイルスに感染して入院。回復後、初めて公の場に姿を見せた。

 出演したTBS系「天国と地獄~サイコな2人~」で主演女優賞を受賞。真っ白なロングワンピースで登場すると、祝福に「ありがとうございます」とにっこり笑った。

 サイコパスの男性殺人鬼と魂が入れ替わる女性刑事役。「難しい役どころでした」と振り返った演技を司会の石坂浩二(80)から絶賛されると「ありがとうございます。監督、スタッフさん、(共演の)高橋(一生)さんといろいろお話しさせていただいて、一緒に作っていきました」と、再び白い歯がこぼれた。

 NHK「エール」で主演男優賞を受賞した窪田正孝(33)、TBS系「俺の家の話」で助演男優賞、助演女優賞をそれぞれ受賞した西田敏行(73)、江口のりこ(41)、主演したNHK「太陽の子」が単発ドラマ部門グランプリを受賞した柳楽優弥(31)も出席。連続ドラマ部門グランプリは「俺の家の話」が受賞し、今年4月に95歳で死去した脚本家・橋田壽賀子さんが特別賞を受賞した。

 綾瀬は8月26日の抗原検査で陽性と診断され、都内の病院に入院していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス