文字サイズ

日本維新の会・松井一郎代表の続投決定 代表選の開催否決で再任

 再任されてあいさつする日本維新の会・松井一郎代表=大阪市内
 再任されて会見した日本維新の会・松井一郎代表(右)と馬場伸幸幹事長=大阪市内
2枚

 日本維新の会の臨時党大会が27日、大阪市内で行われ、代表選の開催が否決され、松井一郎代表(大阪市長)の再任が決まった。内訳は委任状を含めて再任に賛成271票、反対151票だった。

 松井代表は「ご意見によって再任になりました」とあいさつし、「日本維新が成長するために支える側で尽力したかったが、もう少し先頭に立てという皆さんの声をいただいた。引き続き持続可能な国になるために、公約実現のために全力を尽くしていきたい。改革の先頭に立っていきたい」と抱負を述べた。

 さらに、松井代表は、体調を崩して共同代表の辞任を申し出て受理された片山虎之助氏に代わって、馬場伸幸幹事長を共同代表に指名。「片山共同代表の後を担っていただきたい」とした。

 松井氏は、10月31日、衆院選の結果を受けた記者会見で、代表選が行われる場合は「僕は出馬をしない」と表明していた。副代表を務める大阪府知事の吉村洋文氏も、府政と自身が代表を務める地域政党「大阪維新の会」の代表の仕事に専念したいとして、「代表戦には出ない」と明言していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス