文字サイズ

【12月2日のカムカムエヴリバディ】第24話 「カムカム英語」を楽しむ安子とるいにおはぎの大量注文!

物置小屋で小豆を炊く安子(上白石萌音)
道端でよもぎを摘む安子(上白石萌音)と娘のるい(中野翠咲)
娘のるいを見て微笑む安子(上白石萌音)
3枚

 史上初3世代のヒロインを描くNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月曜~土曜8時・土曜は1週間振り返り放送)。12月2日は第24話が放送される。るいとの暮らしは少しずつ上向きに…。

 1947(昭和22)年。米や砂糖、小豆など菓子作りの材料が少しずつ手に入るようになる。安子(上白石萌音)はおはぎやおまんじゅうを作って売り、るいとつつましく暮らしていた。「カムカム英語」は日本中で爆発的な人気を誇っている。倹約して買ったラジオから聞こえる「カムカム英語」は、安子とるいの毎日の楽しみだった。そして1年の時がたった頃…安子の元に、おはぎを毎朝200個仕入れて欲しいという依頼が舞い込む。

 昭和から平成、そして令和へ。朝ドラ史上初の祖母・母・娘による3世代のヒロインが、ラジオ英語講座と共に歩む姿を描く、波乱万丈のハートフルコメディー。英語も含む語りを俳優の城田優、音楽を米米CLUBなどのバンドや作曲など幅広い活動で知られる金子隆博が担当する。主題歌「アルデバラン」は森山直太朗による作詞作曲。アラビア語で”後に続くもの”という意味を持つこの歌を、AIが魂をこめて歌いあげる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス