文字サイズ

100巻到達「ONE PIECE」大型コンテナ6台分の巨大展示は”お宝級”の迫力 

 人気漫画「ONE PIECE」の単行本100巻到達を記念し、17日に東京・竹芝「ウォーターズ竹芝」で、原作者・尾田栄一郎氏による描き下ろし作品を巨大化した「超巨“大海賊百景“」の展示が開始した。

 大型コンテナ6台を使用した、高さ約5メートル、横幅約18メートルの巨大絵巻には、個性豊かな海賊達が迫力たっぷりに描かれている。

  隣接した6つのコンテナ裏側上部には「100巻、物語は終盤」という文字。下部では、これまでの100巻分の単行本背表紙が並べられており、連載開始から24年を越える歴史の長さをその目で実感することができる。

 同展示会場敷地内にあるアトレ竹芝では、全100巻の歴史を振り返りながら立ち読みすることが可能な「100巻立ち読み図書館」を開催。同作の歴史をパネル一枚で振り返ることができ、従来のファンに加え、まだ作品に触れたことがない人でも楽しめる空間となっている。

 また、同会場では限定フィギュア「WT100記念 尾田栄一郎描き下ろし 大海賊百景」を含む、全20体の『ONE PIECE』フィギュアも展示。これらの展示は26日まで行われる。

(よろず~ニュース・松田 和城)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス