文字サイズ

【オールカマー】レイパパレがらっと変身 高野師「体が減らなくなった」

 「オールカマー・G2」(26日、中山)

 初夏の仁川で初めて負けを喫し、悔しさを知ったレイパパレ。夏の充電期間は無駄に過ごすことなく、放牧中に内面をガラッと変えて栗東に帰ってきた。

 高野師は「随分、体質がしっかりしてきました。これまでは空気に溶けるように体がなくなっていく馬だったのに、この中間は減らなくなりました。乗り込み量を増やして、それをこなしています」と変貌ぶりに目を丸くする。追って、叩いて、鍛え抜く-。なかなか踏み切れなかった攻める姿勢を、ようやく注ぎ込むことが可能になったのだ。

 栗東坂路での1週前追いはライトウォーリア(4歳オープン)との併せ馬で一杯に追われた。「相手が良過ぎてあおられましたね。まだひと皮まとっている感じ。もうひと皮そいだ方がいいのかな。絶好調のもう一歩手前です」。字面では不満げな顔が浮かびそうな内容。それでも、トレーナーの声のトーンは決して低くなかった。

 「宝塚記念の2着争いに負けたのを見ても、本来の適性はもう少し短いところかもしれません。でも、G1の3着ですから」。前走、初の敗戦にも指揮官に悲観の色は見られない。秋はここからエリザベス女王杯(11月14日・阪神)へ向かう見通し。現状はまだひと皮まとった状態だが、さらなる成長を遂げた姿で、進撃第2章をスタートさせる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス