文字サイズ

【神戸新聞杯】シャフリヤール決める!絶好発進 今後の“進路”決める試金石に

 「神戸新聞杯・G2」(26日、中京)

 今年も中京で行われる菊花賞(10月24日・阪神)の最重要ステップ。春に頂点を極めた第88代ダービー馬シャフリヤールが、満を持して始動する。今後の路線について明言はされていないが、ここでの勝利は至上命題だ。

 キャリア4戦でダービー馬の座に輝いたシャフリヤールが、満を持して秋の桶狭間で始動戦を迎える。新馬戦V後、2戦目の共同通信杯こそ3着に敗れたが、3戦目の毎日杯で真価を発揮。JRA芝1800メートル戦のレコードタイ(当時)となる1分43秒9で重賞初制覇を飾ると、続くダービーでは皐月賞馬エフフォーリアとの激戦を鼻差で制し、世代の頂点に上り詰めた。

 あれから4カ月-。夏はノーザンファームしがらき(滋賀県)で充電され、パワーアップして帰ってきた。「改めて筋肉の質がいい。バネがあるし、体は少し大きくなっていた。たくましくなってきた感じ」。帰厩後も調教にまたがる主戦・福永がこう話せば、管理する藤原英師も「うまく中学生から高校生に上がれた。秋は調整がだいぶ楽になっている」と確かな成長を感じ取る。

 共同通信杯前に、指揮官は「どう成長を遂げて、どこまで行けるのか。いい意味で天井が見えない」と将来性について話していたが、ここまでは青写真通りだろう。「あとはここから“不良”に走るか“優等生”に走るか。うまく方向性を定めたい。ここの走りで次にどこへ行くかを決める」。今後の“進路”選びに向けた大事な一戦。恥ずかしい競馬はできない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス