文字サイズ

【地方競馬】セイカメテオポリスが重賞初制覇 渡辺和師「大きいところを獲れる馬と言い聞かせていた」

 戸塚記念を制したセイカメテオポリス(撮影・持木克友)
3枚

 「戸塚記念・S1」(15日、川崎)

 開催3日目の11Rで行われ、セイカメテオポリスが重賞初制覇を成し遂げた。2歳時から大器と評判だった7番人気は、ゴール前の接戦を制した。2着は道中4番手から伸びた5番人気のトランセンデンス、3着には2番人気のジョエルが入った。1番人気に支持されたジャパンダートダービー覇者のキャッスルトップは、2周目3角まで逃げたが6着に沈んだ。

 セイカメテオポリスが自慢の末脚を爆発させた。ゴール寸前、強豪馬の間を割って伸びると、待望の重賞初タイトルを獲得した。7月以降だけで今年重賞5勝目となった矢野貴も感激。「ずっと攻め馬で乗らせてもらっていて、やっと結果が出てうれしい」と喜びをかみしめる。

 逃げたキャッスルトップが最終3角手前で失速すると、先頭に躍り出たのはギャルダル。それを実績馬のジョエル、トランセンデンスが追い掛け、3頭の争いと思われた瞬間、矢のように突き抜けた。

 春は羽田盃で5着と善戦したが、東京ダービー、ジャパンダートダービーは惨敗。それでも陣営は素質の高さを感じていた。渡辺和師は「デビュー前から大きいところを獲れる馬と、自分たちに言い聞かせていた」と明かす。それを証明する勝利に「ロスなく回れば、最後の直線は狭いところでも割って来られる馬」と評価する。この重賞勝ちで選択肢は広がった。ダービーグランプリ(10月3日、盛岡)挑戦も視野に、さらなる飛躍を誓う。

 トランセンデンス(2着)「東京ダービー時は疲れがあったが、状態がアップしていて、レースもうまくいった。次はもっと良くなる」(森泰斗)

 ジョエル(3着)「イメージ通り乗れたけど、結果的に前を深追いした感じ。勝ち馬にうまく乗られた」(張田昂)

 ギャルダル(4着)「自信満々に乗って楽勝かと思ったけど、最後止まった。気分良く行かせ過ぎたかも」(御神本訓)

 キャッスルトップ(6着)「1周目のゴール板で馬がやめようとしたし、終始マークされてストレスもあった。次は本当の姿を見せたい」(仲野光)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス