文字サイズ

阪急百貨店で初の試み、斬新な顔ぶれの次世代フードとは?

百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で、次世代フードとして注目される昆虫食をテーマにしたフェアが10月27日からスタート。同百貨店としては初の試みとなる。

家畜にくらべて餌などの負担が低いことからも環境にやさしく、豊富なたんぱく質など栄養価が高い昆虫食。「これを機に未来の食や環境問題にも目を向けてもらい、お客さまに新しい情報を発信する挑戦になれば」と同店担当者は意気込む。

とはいえ、今回はあくまでも初心者向けに企画。「昆虫の姿や形が前面に出ないもの」を意識し、5社による約30種が集結。代替たんぱく質として蚕パウダーを使ったスナック「チップス」(540円)、大豆未使用の「コオロギ醤油」(1620円)など、健康を意識する人ならば思わず反応したくなる展開となっている。

そのなかのひとつ、クリケット(コオロギ)パウダーを独自配合した日本初のプロテインブランド「オッドフューチャー」担当者は、「コオロギ自体はエビやカニのような味と言われることも多く、年々、虫=ゲテモノのイメージでなく栄養面に注目する女性のお客さまが増えている印象ですね」と話し、年々認知度が高まっていることを実感しているという。

ほかにも、青リンゴなどにも例えられるフルーティーな香りの「タガメサイダー」(480円)をはじめ、ラーメン、コーヒー、ソーセージなど食卓に気軽に取り入れられそうなものがラインアップ。『~未来に繋ぐ食の新たな選択肢~昆虫食フェア』は地下1階・食料品売り場「ツリーテラス」で開催。期間は11月2日まで。

取材・文・写真/塩屋薫

(Lmaga.jp)

関連ニュース

KobeShimbun

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス