文字サイズ

大谷、3番で9戦ぶり45号なるか「自分の形で打てれば」ぺレスがトップタイ46号

 大谷翔平(提供・共同通信社)
アストロズ戦のベンチでタブレット端末を手にするエンゼルス・大谷=アナハイム(USAトゥデー・ロイター=共同)
2枚

 「エンゼルス-アストロズ」(20日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)が「3番・指名打者」で出場することが発表された。

 大谷はここまで打者で142試合(代打9試合)に出場し、打率・257、メジャー3位の44本塁打、ア・リーグ11位タイの94打点、同5位タイの23盗塁をマーク。前日の試合は投打同時出場で投手では自己最長タイの8回を投げて2失点10奪三振と好投したが10勝目ならず。1918年のベーブ・ルース以来となる「2桁勝利&2桁本塁打」は次回の登板に持ち越された。

 打者では2打数無安打。三回2死二塁の打席での申告敬遠を含む2四球で出塁したが、8戦連続本塁打なしに終わった。

 試合後は「(投球が)枠(ストライクゾーン)の外とか、枠の隅っことかが多くはなってきているので、単純に見極めが難しいゾーンにあるというのもひとつあるかなと思う」と、敵軍バッテリーの配球の傾向を語りながら「少しバッティング自体も強引になっているところはあるので、しっかり自分の形で打てれば、多少、隅でもヒットになる確率は上がるのかなとは思います」と、自身の改善点を挙げた。

 本塁打王争いはロイヤルズのペレスが20日のインディアンスとのダブルヘッダー第1戦で46号2ランを放ち、歴代捕手最多本塁打記録を51年ぶりに更新するとともにトップのゲレロ(ブルージェイズ)に並んだ。大谷との差を2本に広げた。

▽エンゼルスのラインアップ

1番・中堅 マーシュ   打率・253、2本塁打、15打点

2番・二塁 フレッチャー 打率・272、2本塁打、45打点

3番・DH 大谷     打率・257、44本塁打、94打点

4番・左翼 ゴセリン   打率・264、6本塁打、40打点

5番・一塁 ウォルシュ  打率・271、27本塁打、85打点

6番・捕手 スズキ    打率・221、5本塁打、15打点

7番・右翼 ロハス    打率・227、5本塁打、14打点

8番・遊撃 レンヒフォ  打率・194、5本塁打、13打点

9番・三塁 メイフィールド打率・206、9本塁打、28打点

   投手 バリア   2勝3敗、防御率4・93

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス