文字サイズ

【回答者・宇田川那奈】勝負強くなりたいなら「失うこと」です

 【聞きたい】昔から勝負事に弱いんです。トランプ、麻雀、将棋、オセロ、果ては、じゃんけんまで対戦するとことごとく負けます。途中、優位でも最後に負けます。何かに憑(と)りつかれているような感じです。強くなる方法ないですか?(40歳・男性)

 【答えます】勝負事に強くなる方法ということですが、ひとえに勝負事といっても、実は大きく2種類に分かれるのです。それは、運の絡む要素があるかないかです。

 将棋やオセロなどは運が全く絡まない、いわば実力一本で戦うゲームです。これに勝つためにはひとえに努力を積み重ねるしかないでしょう。

 ではトランプや麻雀、じゃんけんはどうでしょうか。運の要素がかなり強くなってきます。おそらくあなたが勝ちたいのは後者、運の絡むゲームの方かと思いますので、そちらの方で私が日々考えていることをお答えします。

 勝負強くなるため、何をすればいいか、それは「失うこと」だと思います。

 何を言っているんだと思われるかもしれませんが、例えば、高給取りで家庭も円満、将来の不安はないという人と、私のように貧乏で彼氏もおらず、明日の食費もままならない、という人間、このふたりが本気の運の絡む勝負事にもつれ込んだ時、どちらが勝つと思いますか?

 少なくとも私の考えでは、100%、後者の、何も持たない人が勝ちます。

 多くを持つというのは幸福なことですが、それはときに重圧にもなります。失う経験をしてこなかった人間は、もし負けたらというリスクばかりに目がいって、いざという時に勝ちをもぎ取れないのです。

 その点、なにも持たない私のような人間は、失うことに慣れていて、負けたらどうしようという気持ちよりも、いかにして勝つかという一点に集中できる分、優位が取れるのです。

 もし、勝負事の際、負けのリスクが頭の片隅にあるとしたら、それはあなたが多くを持つ人だからです。会社を辞め、家族と離れ……、想像してみてください、そんな自分なら、「勝てる」と思いませんか?

 私はいつもそう考え、今では競馬で生活費を全部失っても眉ひとつ動かしません。

 ぜひ、勝負強いオトコを目指してくださいね。

 ◆回答者プロフィール 宇田川那奈(うたがわ・なな)東京都出身、24歳。東大工学部を卒業し、現在京大大学院情報学研究科に在学。人工知能の倫理観を研究している。大学1年で麻雀を覚え、雀荘通いを続け、プロ並みの腕前を誇る。趣味は競馬という無頼派。 

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    お悩み相談・人生相談最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス