文字サイズ

新日本・鷹木信悟G1開幕星!3人目IWGP王者で優勝宣言「成し遂げてやろう」

 「プロレス・新日本」(18日、エディオンアリーナ大阪)

 20人が2組に別れて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」が開幕。IWGP世界ヘビー級王者の鷹木信悟は、Aブロックで石井智宏を下して白星発進を決めた。気迫を前面に押し出して戦う2人は火花が散るような大激闘を展開。終盤チャンスをつかんだ鷹木は、粘る石井のノド笛チョップにもん絶しながらも27分56秒、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンで葬った。

 マイクを持った鷹木は「おかげさまでいいスタートが切れたぜ」とアピール。「IWGP王者はG1を優勝できない。誰だ、そんなこと言ってんのは。過去に2人いるんだろ(武藤敬司と佐々木健介)。だったら、3代目の(IWGP)世界(ヘビー級)王者が3人目の快挙を成し遂げてやろうじゃねえか」と、高らかに宣言した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス