文字サイズ

ボクシング・酒本がMVP 自身初ダウンも主導権渡さず「取れると思わなかった」

 「ボクシング・西日本新人王決勝戦」(19日、エディオンアリーナ第2競技場)

 棄権のあった3階級を除く9階級で争われ、今年度の西日本新人王が決定した。最優秀選手賞にはダウンの応酬を制し、3回2分18秒TKO勝ちしたスーパーフェザー級の酒本龍一(21)=VADY=が輝いた。技能賞にライトフライ級の神垣拓磨(21)=井岡、敢闘賞にフライ級の森野大地(28)=フュチュール=が選出された。各階級の新人王は、西部日本・中日本新人王対抗戦勝者との西軍代表決定戦(11月14日)に出場する。

 MVPに輝いた酒本は「自分が取れるとは思わなかった」と驚きの心境を明かした。初回に右ストレートで先制のダウンを奪うが、仕留めに出たところで逆に右を浴びて自身初のダウンを喫した。それでも主導権は渡さず、3回に連打でレフェリーストップを呼び込んだ。現在、同志社大文学部英文学科の4年生。ボクシングで勝負すると決め、就職活動はしていない。家族や周囲からは就職を勧める声もあるというが「自分が決めること。一試合一試合に集中していきます」とまずは全日本新人王を目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス