文字サイズ

拳四朗 胸囲2・7センチ増 コロナ感染影響なし「勝てる自信ある」22日タイトル戦

調印式で勝利への自信を示した拳四朗(左)と矢吹(真正ジム提供)
調印式で9度目の防衛への自信を見せる拳四朗(真正ジム提供)
調印式で王座奪取への自信を語る矢吹(真正ジム提供)
3枚

 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(22日、京都市体育館)

 調印式が20日、京都市内の病院で行われ、王者・寺地拳四朗(29)=BMB=と同級1位の矢吹正道(29)=緑=がともに勝利への自信を見せた。予備検診も行われ、両者とも異常なしと診断された。

 試合は当初、今月10日に予定されていたが、8月25日に拳四朗が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたことで12日間の延期となった。陽性判定を受けてから今月3日まで自宅療養していたため、コンディションが心配されるが、予備検診では体温も36・3度と問題なし。「動きはすごく良い。勝てる自信はある」と9度目の防衛を誓う。

 さらに胸囲は4月に行った8度目の防衛戦時から2・7センチアップの85・5センチに増大。これについては「篠原先生のトレーニングは結構やったので」と説明。罹患前に師事する篠原茂清トレーナーと重ねてきたフィジカルトレーニングの成果も強調した。

 世界初挑戦の矢吹は拳四朗とは7月の試合発表会見以来の顔合わせだったが、印象を聞かれても「特にない。見てないんで」と語らず。「延期したことに関してはプラスに働いた。自信もあります」と決戦ムードに入った。

 この日、矢吹はPCR検査を行い陰性を確認。拳四朗は「感染隔離期間終了から6カ月はPCR検査を免除」という日本ボクシングコミッションと日本プロボクシング協会に策定のガイドラインに従い、PCR検査は行わなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス