文字サイズ

K-1 野杁正明3戦KOで2階級制覇 安保に圧巻の左ボディー、三日月蹴り

優勝を決めてガッツポーズをする野杁正明=横浜アリーナ(撮影・堀内翔)
 安保瑠輝也に勝利した野杁正明=横浜アリーナ(撮影・堀内翔)
 安保瑠輝也を攻める野杁正明(左)=横浜アリーナ(撮影・堀内翔)
3枚

 「K-1 WORLD GP 2021~よこはまつり~」(20日、横浜アリーナ)

 K-1 WORLD GP第2代ウエルター級王座決定トーナメント決勝で、野杁正明(28)=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST=が安保瑠輝也(25)=CLUB es/team ALL-WIN=を3回2分51秒KOで下し、2階級目となるタイトルを手にした。

 3回に野杁のローキックを安保が嫌がる場面があった後、残り40秒ごろ、野杁が左ボディーを放ち安保を倒した。何とか立ち上がる相手のみぞおちを、三日月蹴りでとらえて再びダウンを奪取。かろうじて立つ安保を野杁は逃さず3度目のダウンで勝利を決めた。

 野杁は1回戦で、FUMIYAに1回2分10秒でKO勝利。準決勝は寧仁太・アリを1回1分32秒KOで撃破していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス