文字サイズ

オナイウ2発で4戦連発 仏2部得点ランク首位タイ 最終予選へアピール

 フランス2部トゥールーズに所属する日本代表FWオナイウ阿道(25)は18日、グルノーブル戦に先発出場し、前半33分と後半2分に2得点を決めて4-1の勝利に貢献した。オナイウは4試合連続ゴールで今季5得点とし、試合終了時点で得点ランク首位タイに並んだ。

 オナイウは1-0の前半33分、ペナルティーエリア内で鋭いパスを受けると、冷静に相手をかわし左足で決めた。後半開始早々には左クロスに走り込んで右足を合わせた。

 今季はJ1横浜Mで12得点を挙げ、今夏にトゥールーズへ完全移籍。8月21日のディジョン戦で待望の移籍後初ゴールを奪うなど8戦5発と得点を量産している。

 日本代表では初先発となった6月15日のW杯2次予選キルギス戦で日本代表史上23人目、37度目のハットトリックをわずか6分間で達成した。

 9月に開幕したW杯アジア最終予選では負傷離脱したMF南野拓実(リバプール)に代わって追加招集され背番号10が与えられたが、カタール・ドーハで行われた中国戦で出番は与えられなかった。10月には最終予選前半のヤマ場となるサウジアラビア、オーストラリアとの2連戦を控える。日本の貴重な得点源として猛烈なアピールとなった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス