文字サイズ

タジキスタン元外相の著書出版へシルクロード遺産紹介、支援募る

 中央アジアの少数民族らとの交流事業を行う神奈川県愛川町のNPO法人「ユーラシアンクラブ」(大野遼会長)が、シルクロードや中央アジアの歴史文化遺産を豊富な写真と共に紹介したタジキスタン元外相の著書の日本語版出版を目指し、購入者や支援者を募集している。

 大野会長によると、著者は駐日大使も務めたハムロホン・ザリフィ元外相。これまでに英仏独など10の言語で出版された。邦題は「秘められたシルクロード タジクの黄金遺宝」の予定。

 中央アジアの絵画や彫刻など500点以上を紹介。タジキスタンを含む地域で古来生活してきたタジク人やソグド人らの歴史や文化などを解説した。

関連ニュース

    >

    文化最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス