文字サイズ

秋の全国交通安全運動で出動式死亡事故ゼロ目指す、警視庁

 秋の全国交通安全運動(21~30日)に合わせ、警視庁が21日、東京都江東区の施設で白バイやパトカーの出動式を開いた。16日に就任した大石吉彦警視総監は「悪質危険な運転を看過せず、歩行者保護の観点から取り締まりを強化してほしい」と訓示した。同庁は運動期間中、都内の死亡事故ゼロを目指す。

 大石総監は、飲酒運転に絡む死亡事故の増加や、二輪車の死亡事故の高止まりを指摘。「機動力を発揮し、速度違反や過積載違反を取り締まってほしい」と述べた。

 警視庁によると、1月から今月16日までの都内の死者数は、前年同期に比べ9人減の87人。

関連ニュース

    >

    社会最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス