文字サイズ

ハエの冬眠、都市化が妨害光害、温暖化が影響か

 国内に広く分布し、冬眠して冬を越すナミニクバエは、都市の夜間照明や温暖化によって冬眠を妨げられていることが分かったと、大阪市立大と摂南大のチームが20日までに英王立協会の学術誌に発表した。

 摂南大の向井歩特任助教(昆虫生理学)は「都市環境が昆虫に与える影響の一端を明らかにできた。今後は幅広い種を対象に、どうやって環境に適応しているのかを明らかにしたい」とした。

 ナミニクバエは気温が低くなり、夜が長くなることで秋の到来を知り、冬眠する。

関連ニュース

    >

    科学最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス