文字サイズ

阪神 岩田稔と小林を2軍降格へ 矢野監督「誰が残ってきてくれるか」中継ぎ陣奮起期待

 8回、岩田稔は伏見に適時二塁打を許し失点する(撮影・山口登)
 7回、小林は福田(中央右)に3ランランニング本塁打を許す(撮影・山口登)
2枚

 「エキシビションマッチ、オリックス-阪神」(4日、京セラドーム大阪)

 阪神の矢野燿大監督が、岩田稔投手と小林慶祐投手を2軍降格させることを明かした。

 「小林は不運な部分もあったけど。このような状況だったらちょっと1度、2軍にいってもらう形にするんで。そういうところでは右、左に関係なく、1イニングをしっかり抑えてくれるというのは、ありがたいし。競争の中で中継ぎが、誰が残ってきてくれるかというところになってくる」

 この日、小林は1点リードの七回に3番手で登板。長短打などで2死一、三塁のピンチを背負うと、福田に左翼へランニング本塁打を浴びて逆転を許した。1回4安打3失点。中継ぎとして期待されている中で結果を残すことができなかった。

 また、岩田は2点ビハインドの八回から登板。2本の安打と四球で1死満塁とすると、迎えた伏見に左翼線を破る2点適時二塁打を放たれた。さらに、続く頓宮には右犠飛で1点を加点され、3失点。流れを止めることができなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス