文字サイズ

阪神 浜地が2回無失点5Kの好投 2戦連続でアピール成功

 2番手で力投する浜地(撮影・飯室逸平)
 力投する浜地(撮影・高部洋祐)
 3回、吉川のピッチャー返しが直撃する浜地(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神-巨人」(19日、甲子園球場)

 阪神・浜地真澄投手が2回2安打無失点、5奪三振の好投を見せた。

 先発・ガンケルがまさかの2回7失点KO。2番手として、三回からマウンドに上がった。まずは、先頭・大城、菅野を連続三振。続く吉川尚の打球が臀部(でんぶ)を直撃するアクシデントで内野安打とされたが、最後は松原を二ゴロに打ち取った。

 四回は先頭・坂本に右前打を浴びたが、岡本和、亀井、丸を連続三振に斬った。

 前回9日・ヤクルト戦でも2回無失点と好投。いずれも大量ビハインドの場面ではあるが、最大限のアピールをした。

 降板後は、「点差は開いていましたが、何とか2イニングを0点で抑えるという気持ちでしたし、そういった意味では0点で帰ってくることができ、自分にとっても大きな登板になったのかなと思います。空振りを取れていたところは良かったですが、まだまだ修正しなければいけない課題も多いので、そういったところを修正して、良い投球ができるように頑張りたいです」とコメントした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス