文字サイズ

阪神・井上ヘッド 菅野に「楽に投げさせてしまった」矢野監督「ズルズルいっちゃって」

 3回、菅野(18)の前に中飛に倒れるマルテ(撮影・高部洋祐)
 4回、菅野(左)の前に遊ゴロに倒れるサンズ(撮影・高部洋祐)
 厳しい表情で戦況を見守る矢野監督(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神1-8巨人」(19日、甲子園球場)

 阪神打線は初回に1点を先制しながら二回に逆転を許すと、その後はゼロ行進。今季初対戦の菅野に7回までに1得点しか奪えなかった。試合後、井上ヘッドコーチは「主導権を握る握らないで、ある意味、楽に投げさせてしまった。初回に先制したのにも関わらず、その後ビッグイニングで楽に投げさせてしまったのは、言い訳になってしまうけど。次はそういうことがないように。それを念頭にやらないといけない」と雪辱を誓った。

 矢野監督も菅野について「まあやっぱり状態的には去年の方が見てて良かったし。絶好調という感じには見えなかったけどね」と印象を語った。

 ただ、その菅野の前にチームは先制の1点のみ。指揮官は「ちょっと流れ的にね、ちょっと7点は多かったし。菅野もそんなにすごい良いって感じでもなかったんで、もう一度何とかしたかったけどね、ズルズルいっちゃって。自分たちの野球っていうのがほぼできなかったっていうのが残念かなと」と渋い表情だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス