文字サイズ

阪神惨敗 ヤクルトと1・5差 拙守絡み二回に7失点

2回、坂本(手前)に2ランを許したガンケル 
2回、吉川に3ランを浴び、歓喜の巨人ベンチを背にガックリひざに手をつくガンケル 
 2回、ガンケルの送球を捕球ミスする中野(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神1-8巨人」(19日、甲子園球場)

 阪神が甲子園で今季最後の伝統の一戦で惨敗を喫した。今季初対戦となった菅野から初回に幸先良く1点を先制したが、二回に拙守が絡んで打者12人の猛攻を許して7失点。優勝を争う宿敵に痛恨の逆転負けで、2位のヤクルトに1・5差、3位の巨人に2・5差に迫られた。

 熱戦を期待した多くの虎党が言葉を失った。3連休の中日に行われた伝統の一戦。序盤であっという間に点差が広がる展開に、甲子園が静まり返った。

 今季初対戦となった難敵・菅野から1点をもぎ取って迎えた二回の守備。ミスが大量失点につながる。1死二、三塁で8番・大城を打席に迎えた場面。阪神内野陣は前進守備を選択した。

 「次(の打順)がピッチャーやしね。(ガンケルは)ゴロを打たすピッチャーなんで」と矢野監督。このシフトが裏目に出た。二遊間に転がった打球は二塁・糸原の出したグラブの先を抜け、逆転の2点適時打となる。

 さらに菅野の送りバントを処理したガンケルが二塁封殺を狙うも、わずかにそれた送球を遊撃・中野が捕れない(記録は遊撃失策)。両リーグワースト75個目の失策で1死一、三塁にピンチが広がると、吉川に3ランを被弾。さらに坂本にも2ランを浴び、この回一挙7失点となった。

 二回で6点差。大量リードでリズムを取り戻した菅野の前に、同じく6点のビハインドを背負いながら、同点に持ち込んだ5日の再現はならなかった。「菅野も絶好調という感じには見えなかった。ズルズルいっちゃって、自分たちの野球がほぼできなかったっていうのが残念」と指揮官は落胆する。

 今季巨人戦は9勝9敗1分けに。巨人戦最終戦となった甲子園では6勝6敗1分けとなり、6年ぶりとなる聖地での巨人戦勝ち越しもなくなった。何よりも、いまひとつ調子に乗れていなかった巨人を勢いづかせてしまった感があるのは痛い。

 週末の24日からは敵地・東京ドームでの再戦が待っている。矢野監督は「4番以降のバッターがちょっと状態がみんな上がってないんでね」。2位のヤクルトには1・5差、3位の巨人には2・5差に迫られたが、まずは中軸の立て直しが急務となる。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス