文字サイズ

阪神の西勇輝が実戦復帰登板で2回を無失点 フェニックス・リーグ西武戦

 「フェニックス・リーグ、西武-阪神」(28日、南郷スタジアム)

 右肘の違和感で離脱した阪神・西勇輝投手(30)が28日、みやざきフェニックス・リーグの西武戦で先発し、実戦復帰した。2回を投げて2安打無失点。患部の状態を確認しながら丁寧に投げ、予定イニングを投げ終えた。

 初回、先頭の西川に右前打を放たれるなど、1死一、三塁のピンチを背負った。だが、5番・山村を捕邪飛、仲三河を中飛に仕留めて得点を許さなかった。

 二回は、長谷川を遊飛、中熊を三直で2アウト。最後はジョセフを3球三振に仕留めてマウンドを降りた。

 西勇は、13日・巨人戦の二回途中に異変を訴えて降板。翌14日に出場選手登録を抹消され、その後は2軍で調整を進めていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス