文字サイズ

華の英文学科卒?

 【9月27日】

 おいおい。平田サンって明大の英文科だっけ??若い虎番記者に聞いてみると、みんな「え~っと…」と口ごもる。知らんよな…。俺も知らん。でも、本人がそう言ってるんやから、そうなのか。

 それとも、平田サンお得意のアレか??読者も知りたいよな…。

 「ファームっていうのはね、そういう若い子だけとか、1軍から落ちてきた選手だけじゃないんだよ。外国人選手もいる。そういうところで、俺のスピークがでるわけや。なっ!明治大学英文学科。いつまで、しゃべんねん」

 これはウエスタン・リーグ優勝を果たした日、記者に囲まれた阪神2軍監督・平田勝男の独演…いや、公式コメントである。

 平田サンが明大野球部出身で、だから明大出身の星野仙一が阪神監督に就いたとき専属広報に…なんてことはファンもよく知るところ。でも、確かに、学部や学科まで聞いたことなかったな。だからもし僕が先日の囲みに加わっていても、なんでやねん!とはツッコめなかった。ハナシの流れからすれば、あれは間違いなく平田サン一流のギャグなんだけど…。

 明治大学のHPを調べてみると文学部文学科に「英米文学専攻」がある。明大出身者によれば、そこは「文学部の華」だそうで…って、このタイミングで何書いてんの?って言われそうだけど、我が社の社長・改発博明から「読者のギモンに答えることが使命」だと教わってきたもので…。

 そう、そう。ギモンと言えば、平田阪神のウエスタン制覇を契機にあの件も知りたくなった。

 ポカポカ陽気の月曜の昼下がりオッサン記者は芦屋から阪神電車にゆられ、大物(だいもつ)駅で下車。大阪方面へ歩くと…

 「今、ボーリング調査中なんです」。小田南公園の管理事務所に聞けば、そう話してくださった。

 【阪神と兵庫県尼崎市が同球団の2軍本拠地を同市の小田南公園に移転し球場などを整備する基本協定書を結んだ-】

 この報道が一斉に流れたのは今年5月のことだけど、実は「阪神の2軍施設移転計画」を最初に報じたのが、僕が虎番キャップを務めた年のデイリースポーツ。だから、責任をもって途中経過を報じなければ…との思いで、現地へ。

 ここに、伝統球団と地元ファンが触れ合うボールパークが完成すれば…。電鉄本社筋を取材すれば最終的な尼崎市議会の決議はこの年末。そこを通過すれば、晴れて工事着工の目処(来年12月予定)が立つというわけ。だから、まだいわば“仮契約”といったところか。球団創設90年となる25年の2月オープンを目指し、市民と球団が夢を分かち合えれば、若虎育成を待望する全国の虎党にとっても夢の膨らむ、待望の事業になる。

 親子優勝へ向かう今シーズン、いつもギモンに応える当欄でありたい…しかし、平田サンの件は誰に聞いても「学部までは……」。

 「法学部、法律学科だよ」

 これ、僕の取材に応じてくれた平田サンご本人のお答え。信じてもいいハズです。=敬称略=

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    吉田風取材ノート最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス