文字サイズ

人に恵まれました

 【10月28日】

 オリックス優勝から一夜明け、能見篤史に祝福のLINEを送った。きっとお祝いが山ほど届き、ご家族で嬉しい悲鳴をあげている頃かなと思いながら、気長に返事を待とうと思っていたら…

 そこは律儀で良心の男である。

 「色々、学ばせていただきました…」

 間もなく、そんな文頭でお礼のLINEを返してくれた。

 ひと月ほど前、プライベートでお世話になったことがあって、お礼の連絡をさせてもらった。そのときも、律儀で、丁寧で…。

 能見篤史という男は「プロ野球選手である前に…」を地でいく人間であり、こちらが人として学ばせてもらうことの多い、希少なアスリートである。ポーカーフェースでスマートな風貌に似つかわしくない茶目っ気やイタズラ心は40歳を過ぎた今も昔と変わらない魅力だけど、彼が新天地でコーチ兼任投手として成功できたのは、類い希な技術や、それを落とし込む理論、経験値はもちろんのことだけど、突きつめれば、その「人柄」ゆえんではないかと思う。

 能見からのLINEの返信にこうも書いてあった。

 「いい人たちに恵まれました」

 結局はこれが全てなんだろうな…読んでそう感じた。

 彼が初めてオリックスの施設を訪れた一年前のこと。自宅への帰り道にくれた電話で、こんなことを言っていた。

 「皆さん、すごく親切なんですよ。めちゃくちゃ助かります」

 そりゃ、実績十分のベテランが

「はじめまして」と来れば、選手もスタッフも温かく迎えてくれるのでは?なんて、へそ曲がりなことを言ってごめん…。ファーストインプレッションが裏切られることなく、シーズンを通して「恵まれた」のは、きっとそう…。

 MVPが確実と目されるエース山本由伸が能見の助言で変わっていく、ブルペンを含めた投手グループの絆、信頼関係が日に日に深まる、その景色をオリックス首脳が教えてくれたこともある。

 「(能見に対するチーム全体からの)信頼は厚かったよ。投手陣に対して本当によく話をしてくれていたしね…」

 これは、昨オフ広島カープから中嶋バファローズに加わったヘッドコーチ水本勝己(みずもと・かつみ)の証言の一端である。

 その景色を想像すれば、桃李成蹊(とうりせいけい)という言葉が思いつくけれど、能見の周りに選手が集まり、だからこそ、スタッフ、そして指導者も信頼を寄せる好循環が生まれる。

 能見は言う。

 「コーチ兼任という立場でもあるので…。能力をもった選手たちが多かったですし(その能力を)試合で出してくれたらいいなと思っていたので、各選手が持ち味を出してくれたことが凄く嬉しかったんです」

 人に恵まれる。それは周囲が能見に恵んだのではなく、能見が恵まれる人…だったからである。

 優勝おめでとう。来月、必ず球場で会って伝えるよ。=敬称略=

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    吉田風取材ノート最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス