文字サイズ

オリックス・育成4位の釣が仮契約、背番号は014 「グイグイ」助言請う

 オリックス育成4位の釣寿生(つり・じゅい)捕手(18)=京都国際=が18日、神戸市内で入団交渉に臨み支度金300万円、年俸240万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。背番号は「014」に決まった。

 終始、緊張した様子で下山担当スカウトらとの仮契約を終えた釣は「改めて気を引き締めて、(入団までに)しっかり練習して準備していけたらと思います」と覚悟を口にした。また、“気合い”を座右の銘に挙げ「一番年下なので、年下らしく気合を入れてやっていきたい。同期の誰よりもはやく支配下になれるように頑張りたいです」と自身を奮い立たせた。

 身長181センチ、体重85キロの恵まれた体格に加え、高校通算25発、二塁送球タイム1・9秒の強肩強打が売りの大型捕手。下山スカウトは「なにより体の強さ、パワーがすごいんですよ」とその強靱(きょうじん)な体にほれ込んでいる。釣は憧れにソフトバンク・甲斐の名前を挙げたが、「タイプは違う。もちろんあの体格で甲斐みたいな動きができたらすごいけど、もっと大胆に大きい選手になってほしい」(下山スカウト)と思い切ったプレーに期待を寄せている。

 若手がそろうオリックス。釣は「育成だからこそグイグイいきたい」と積極的に先輩たちにアドバイスを乞う構えだ。中でも、「吉田正尚選手にフルスイングを教わりたい」と目を輝かせた。プロとしての第一歩を踏み出した釣。夢の支配下登録に向け、成長を続けていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス