文字サイズ

オリックス・中嶋監督 力投の山崎福を援護できず「申し訳なかった」

力投するオリックス・山崎福也=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
6回オリックス2死一・三塁、好機に三振に倒れるオリックス・杉本裕太郎=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
マウンドでロジンを握りしめるオリックス・山崎福也=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「オリックス0-1楽天」(16日、京セラドーム大阪)

 オリックス・山崎福の好投も、2勝目にはつながらなかった。二回こそ先頭・島内に先制ソロ本塁打を許したが、丁寧な投球で楽天打線に連打を許さず。

 七回に安打と死球などで2死一、二塁となったところで降板も、6回2/3で5安打1失点と十分な内容だった。

 一方で打線は楽天先発・早川に対し二回、六回に先頭打者が二塁打で出塁など、好機もあったが攻めきれず、山崎福を援護できなかった。結局、わずか3安打での完封負け。

 山崎福は「調子自体もよかったと思いますし、ピンチの場面でも粘り強く投げることが出来ました」と手応えを口にしつつ「あのホームラン1本だけは勿体なかった」とも。

 先月4日には4点を奪った早川だったが、今回はプロ初完封を許す結果となり、中嶋監督は「(山崎福は)いいピッチングをしてくれたのに、(援護できず)申し訳なかったですね」と振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス