文字サイズ

ロッテ・荻野が好守に躍動 通算7度目の先頭打者弾で佐々木朗を援護

 「ロッテ6-6西武」(16日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテの荻野貴司外野手(35)が攻守に躍動。佐々木朗希を援護する先頭打者アーチを放つなど、3安打2打点を挙げた。

 初回。佐々木朗が無失点で切り抜けると、1ボールからの2球目。平井の直球を捉え、左翼席へ先頭打者本塁打。19年8月24日以来通算7度目の先頭打者本塁打に「思いっきりいきました。(佐々木)朗希が初登板なので、早く点を取れてよかったです」と援護する一発にニンマリ。

 二回には適時二塁打を放った佐藤都を二塁において、左前へ4点目となる適時打。「佐藤(都)がつないでくれたので、かえすことができてよかったです」と喜んだ。

 五回にも三塁内野安打で出塁すると、マーティンの2ランで勝ち越しとなるホームを踏んだ。

 八回に救援陣がつかまり佐々木朗の初白星は消えたが、好守備でもり立てた。九回、先頭・源田が放った左翼への飛球をフェンスに激突しながら好捕。16歳年下の後輩もベテランの活躍に手をたたいて喜んでいた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス