文字サイズ

「最後は気持ちだ」一関学院が劇的サヨナラで夏20年ぶり勝利 京都国際から金星

延長11回、センターへサヨナラ適時打を放つ一関学院・寺尾皇汰(撮影・伊藤笙子)
 延長11回、寺尾皇汰のサヨナラ適時打で生還し、ほえる二塁走者の一関学院・小松大樹(右)=撮影・伊藤笙子
 延長11回、サヨナラ勝ちし、歓喜する一関学院ナイン(撮影・北村雅宏)
3枚

 「全国高校野球選手権・1回戦、一関学院6-5京都国際」(6日、甲子園球場)

 一関学院(岩手)が延長十一回、劇的なサヨナラ勝ち。昨夏4強の京都国際(京都)を破り、20年ぶりに夏の甲子園で勝利を挙げた。

 プロ注目左腕の京都国際先発・森下瑠大投手(3年)を、一関学院打線が序盤から猛攻を仕掛けて攻略した。1点の先制を許して、初回の裏の攻撃。1死から連打で一、二塁と好機を作ると、4番打者の後藤叶翔捕手(3年)が中前打を放って同点に追いつく。なおも2死一、二塁の場面で小松大樹内野手(3年)が走者一掃の適時三塁打を放って一気に2点の勝ち越しに成功した。

 三回にも追加点を重ねて森下をマウンドから下ろすと、六回にも2番手・森田大翔投手(3年)から3連打で1点を奪い、リードを4点に広げた。十一回は途中登板していた寺尾皇汰投手(2年)が執念のサヨナラ打を放った。

 投げてはサブマリン投法の2年生右腕・小野涼介投手(2年)が九回途中まで力投。十回は寺尾が1死満塁のピンチをしのぎ、劇的勝利を呼び込んだ。

 高橋監督は「どちらに転んでもおかしくない試合だった。選手たちには絶対にに集中力を切らすな、ピンチを乗り切り絶対にこの試合をものにしよう。最後は気持ちだという声をかけました」と振り返った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス