文字サイズ

巨人の先発・直江 五回に危険球で退場処分

 プロ初勝利を目指し力投する直江(撮影・佐藤厚)
 5回、赤羽は直江から頭部に死球を受ける(撮影・佐藤厚)
 5回、直江(左)は赤羽の頭部に死球を与え、原球審(右)から危険球退場を宣告される(撮影・佐藤厚)
3枚

 「ヤクルト-巨人」(6日、神宮球場)

 まさかのハプニングに見舞われた。巨人で今季初先発した4年目の直江大輔投手(22)が五回、危険球で退場処分を受けた。

 0-1の五回。カウント1-1から先頭・赤羽に投じたボールがヘルメットのツバをかすめ、死球に。その瞬間、ベンチの原監督は険しい表情を浮かべていた。倒れ込んだ赤羽はすぐさま左手で“無事”をアピールしたが、審判の協議の末、危険球退場が決まった。

 22歳の右腕は四回まで1安打1失点と好投していた。2番手で急きょ、高木がマウンドに上がった。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス