文字サイズ

日本ハム・新庄Bボス 怒りのラオウなだめた 乱闘寸前も異例の謝罪「2回も当てたらダメ」

 「オリックス3-1日本ハム」(6日、京セラドーム大阪)

 一触即発。乱闘寸前。険悪ムードのスタジアムを明るい空気に変えたのは、日本ハム・新庄ビッグボスだった。

 三回。先発の田中が杉本に2打席連続死球を与えた。鬼の形相で一歩、二歩とマウンドに向かうラオウ。両軍選手がベンチから飛び出す。杉本は怒りをこらえつつ一塁に向かったが、ビッグボスも一塁に向かった。

 ボス「インコース、いかないと仕方ないから。悪いコトしたね」

 杉本「あ、ビッグボスだ」

 ボス「申し訳ない」

 杉本「全然、全然大丈夫っすよ」

 杉本はいつの間にか笑顔になっていた。騒然としていた場内からは拍手が起こった。

 監督自身が選手に謝罪する、珍しいシーン。「2回も当てたらダメ。そりゃ、怒るわ。前回(7月19日対戦時)も当てているしね。ピッチャーの技術の問題」。非を認め自ら立った理由を明かした。

 “和解”後には次打者・宗にも「また来るよ。ゴメンね、コントロール悪いから」と声を掛ける。宗からは「大丈夫っす」と笑いながら返された。

 田中は宗を打ち取ったところで交代。「あんまり引きずってほしくないからね。左バッターにはそんなに悪くないから」。死球後即降板でなく、あえて1つアウトを取らせて、悪いイメージをぬぐい去る。杉本にも、田中にも見せたビッグボス流の配慮だった。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス