文字サイズ

広島、西川の価値ある適時打でドロー ドラ1栗林は17試合連続無失点

8回、左前に同点打を放つ西川(撮影・坂部計介)
 8回、西川の左打で二塁走者・小園が生還、同点となる(撮影・坂部計介)
好投する広島先発・床田(撮影・坂部計介)
3枚

 「広島3-3DeNA」(16日、マツダスタジアム)

 広島は八回に追いつき、辛くも引き分けに持ち込んだ。

 1点を追う八回、先頭の鈴木誠がDeNA・山崎から右前打で出塁。2死後、代打・坂倉が四球でつなぐと、西川が左前へ同点打を放った。

 初回、羽月の三塁打と鈴木誠の犠飛で先制。四回には、小園の死球をきっかけに1死二塁とし、西川が左前へ適時打を放ち、加点した。

 先発の床田はDeNA打線に10安打を浴びながらも本塁を踏ませない、粘りの投球で5回を無失点。しかし、七回に登板した3番手のコルニエルが1死からオースティン、佐野に連打許すと、ソトに初球の156キロを右翼スタンドへ痛恨の逆転3ランを浴びた。

 同点の九回にマウンドに上がったドラフト1位・栗林(トヨタ自動車)は2死から安打と四球でピンチを背負ったものの、ドラフト2位・牧(中大)を空振りの三振に仕留めて、17試合連続無失点と伸ばした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス