文字サイズ

広島・中村奨成、うれしいプロ1号「入ってくれ」 通算46打席目で待望の一発

 8回、プロ初本塁打となるソロを放つ中村奨 
 8回、プロ初本塁打を放ち、笑顔でナインとタッチを交わす中村奨
2枚

 「DeNA11-12広島」(19日、東京ドーム)

 待望のプロ1号だ。八回。代打で打席に立った広島・中村奨が甘くなったチェンジアップを振り抜いた。快音が東京ドーム内に響く。高く美しい放物線を描いた白球は、左翼席へ飛び込んだ。プロ入り4年目、通算46打席目で放った記念弾だ。

 「入るとは思わなかった。でも感触は良かったので、入ってくれと思ってました」

 安打は2日の日本ハム戦以来。打席に立った過去5試合は、結果を考え過ぎ凡打になった。「きょうの打撃ローテ中に、朝山コーチとファーストストライクを振りにいこうという話になった」。本来は積極性が持ち味。原点回帰により、視界が開けた。

 後輩の小園や羽月、林に刺激を受ける。「1年先にプロに入っている。負けないぞ、という気持ち」。継続してグラウンドに立つ3人。悔しさを力に変えて練習に打ち込み、与えられた出場機会で全力を尽くす日々だ。

 実家の玄関には記念のバットや球を飾る場所がある。4月16日の中日戦で放ったプロ初安打の記念球は自らの手で置いた。「家に持って帰って渡します」。家族の喜ぶ声や顔も原動力になっている。

 17年夏の甲子園で、1大会最多を更新する6本塁打を放った男は「このチャンスをものにできるように頑張ります」と手綱を締めた。恐れずバットを振る先に光がある。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス